http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGM17H2E_X10C17A4000000

 インドのATMで再び現金が枯渇している。モディ印首相が大半の紙幣を突然廃止してから5カ月がたつが、インド準備銀行(中央銀行)は通貨を流通させる努力を怠っているとの非難がわき起こっている。

 政府関係者は高額紙幣の廃止後、現金供給は通常の状態に戻ったと繰り返し主張している。取引額の半分以上で紙幣が使われる同国は、紙幣廃止後に深刻な流動性危機に陥った。

 だが、今月に入りムンバイやバンガロール、チェンナイ、プネのATMが現金不足に陥ると、アナリストらは、準備銀は紙幣発行のペースを緩めるのが早過ぎたと指摘した。紙幣流通量は現在、廃止前の水準の3分の2にとどまっている。

 クレディ・スイスのリサーチアナリスト、アシシュ・グプタ氏は「政府は経済における現金の量を減らしたがっている」とした上で、「政府は新たな均衡では(現金比率を)引き下げたいと望んでいる」と話す。

 また、紙幣に「希少価値」が生じる可能性があることから「ため込む傾向が強まっている」と指摘した。

 紙幣廃止は、腐敗や「ブラックマネー」の摘発を目的とするだけでなく、国民の半分しか銀行口座を持たない同国をデジタル決済社会に移行させる取り組みでもあるとうたわれていた。だが、紙幣廃止はかえってこの目的を脅かしているかもしれない。

 アンビット・キャピタルのシニアエコノミスト、リティカ・マンカー氏は「現金を手に入りにくくすることで、必ずしもデジタル取引を拡大できない」とした上で、「これでは経済活動を窒息させるだろう。その大半が非公式経済だからだ」と指摘した。

 同氏はまた、インドでは大部分が現金ベースである非公式経済が雇用で70%、国内総生産(GDP)では40%を占めると述べた。

 インド準備銀行のある関係者によると、4つの造幣所の職員は24時間体制で2000ルピー札と500ルピー札を印刷している。

 準備銀のデータでは1月以降、流通通貨の量が最低時の8兆9000億ルピー(約15兆円)から2月17日には11兆3000億ルピーへと安定して増えている。だが、これは昨年11月8日の高額紙幣廃止以前の量の3分の2に満たない。

 通貨供給量の増加ペースは今年に入り減速した。1月13日までの1週間は5.9%だった増加のペースは、2月24日までの1週間には2.8%に低下した。準備銀はコメントの要請に応じなかった。
(リンク先に続きあり)

Financial Times
2017/4/17 15:06

コメント一覧
インド
紙幣不足で思い出したが、コミケ会場のATMのお札が不足して話題になってたよな…
中国みたいに一定の確率でATMから偽札が出るようにすると、電子マネーに移行すると思うよ
>>1
輸送がうまく行ってないんだろ。
例えばデリーのATMで1万ルピー預けて、ムンバイで1万ルピー降ろそうと思えば、
その1万ルピーをデリーからムンバイまで届けないといけない。
紙が足りないならゼルダの世界みたいに宝石にすればいいんじゃねえの?
>>3
コミケ出展者の売上金をATMに強制的に入金させないからそうなる。
セブン銀行などのコンビニATMは、その店の売上金を夜間金庫代わりにATMで
入金させて、ATMの現金補充の手間を減らしてるんだから。
高額紙幣を発行すれば済む話じゃないの?
パンがないならケーキにすれば?