誰でも自分の体にコンプレックスはあるものです。

「足が太い」「鼻が低い」「目が一重」など、どんな人でも自分の体に気に入らない部分はあります。

f:id:hanako612:20160721110118p:plain

毛深い、剛毛というのもコンプレックスのもとになります。大人であればエステに通ったり、自分でムダ毛処理をしたり、と対処する方法はいくらでもありますが、子どもはそう簡単にはいきません。

子どもが毛深い原因やいじめの原因になるのか、またどんな脱毛方法を選べばよいのでしょうか?

 

剛毛はいじめの原因になる?

小さなうちは本人も周りも、案外気にしないものです。ですが、集団生活を始めるようになり、少しずつ自我が芽生えてくると、自分と周りのお友達との違いに気が付くようになります。

早い子ですと幼稚園くらいから自分が毛深いことを気にするようになります。そして小学生になると、今度は自分だけでなく周りの子供たちも違いに気づきからかうようになるのです。

f:id:hanako612:20160726103806p:plain

「毛深い」「サル」クラスの男子からそんなふうにからかわれて不登校になったお子さんもいます。担任の先生に相談しても、子供のいじめはなかなか解決が難しいことが多く、親としては心配のたねです。

 

どんな方法で脱毛すればよい?

できればすぐにきれいにしてあげたい、と思うのが親心です。でも、カミソリやシェーバーで剃るのは、きれいになるし簡単でよいのですが、いきなりムダ毛がなくなります。急にムダ毛がなくなるとかえって注目される原因になります。

f:id:hanako612:20160720121949j:plain

今度は急に毛がなくなったということで、からかわれるかもしれません。また、カミソリやシェーバーなどは一時的にムダ毛をなくすだけで、すぐに生えてくるうえに、チクチクした大人の男の人の毛のような剛毛が生えてきます。

そうなると大変です。生えたら剃る、生えたら剃る、を繰り返さなければなりません。

 

おすすめの脱毛方法は?

そこで、抑毛ローションがおすすめです。痛みや刺激がなく、徐々に毛が薄くなっていきます。少しずつなくなっていけば、目立たない仕方で取り除くことができるでしょう。

主成分は天然植物成分なのでお肌のデリケートなお子さんでも使うことができます。プールの授業があるので今すぐなんとかしたい、という方でしたら除毛クリームがおすすめです。

f:id:hanako612:20160801115021p:plain

硬くて太い毛もするっと取れて、新しく毛が生えてくるときのチクチクも気になりません。お友達に腕を触られてもチクチクしないので、安心して遊んだり、スポーツを楽しんだりすることができます。目立たないように、GWや夏休み中などの長期の休みの間に処理してあげるとよいでしょう。