今日本では大変多くの増大サプリメントが発売されている。その代表的なものは、ゼファルリン、アトミックス、アデロイン、リゼノール100E、べファイン、ゼナフィリン、ヴィトックスα、極GOLD、ゼノファーEX、ゼルジオールなどで、この他にもたくさん販売されています。
私も実際に多くの増大サプリメントを飲んできたが、大変効果があるものもあれば、精力アップはしても増大はしなかった商品もあった。
そして、「バリテイン」という商品が最近発売され、いわゆる増大マニアの中で大変注目されていることもあるのと、私自身が実際に「バリテイン」という商品が面白いと思い、その部分を掲載したいと考えました。
特に面白いと思ったのは、115種類の成分を生サプリ(ソフトカプセル)とハードカプセル2つの合計3つのカプセルに配合しており、他の増大サプリメントと比べると吸収力が違うというところであった。

 カプセルの歴史を紐解く

病気を治癒する方法として人間が薬を使い始めたのは、文献として記録される以前からといわれています。当時の薬は草の根や木の皮など自然の草木を使用していました。
それらの効果効能が体系化され、保存するために乾燥したり、飲みやすくするように細かくしたものが、生薬として進化していきました。生薬は水で数十分に出して飲んでいました。江戸時代の日本では苦味の強いものを飲みやすくして、携帯しやすくした生薬の丸薬(丸い薬)が生まれました。
海外では19世紀の始めに、生薬の有効成分だけを分離抽出する技術が発展して、現在の散剤(固体の薬)、液剤(液体の薬)が開発されました。薬の有効成分には大変多くの種類があり、固体化(結晶化)できないものは液体として利用されています。
そして19世紀前半のフランスで、散在や液剤をより使いやすく、治療の効果を高めるために遂にカプセル剤が開発されました。ハードカプセルには粉、ソフトカプセルには液を充填するものとして区別しています。

 ソフトカプセルとは

ソフトカプセルは、内溶液をゼラチン皮膜で包み圧着・成型加工した製品形態で、その製造方法は、密封性、安定性に優れています。ソフトカプセルの内容液はオイル状の健康食品原料か、オイル状の健康食品原料に粉末状原料を調合し、液体状にして充填加工し製造することが可能です。

 ソフトカプセルの優位性

【消化吸収性】ソフトカプセルの皮膜原料のゼラチンは消化吸収性に大変優れており、ゼラチン皮膜自体も良質なコラーゲンタンパク質として栄養にもなります。生のまま新鮮の成分を密封するため、いつでも新鮮な状態で体に取り込めます。
【品質保持能力】ソフトカプセルの皮膜は内容液を密封して製造するので、内溶液の酸化や成分の劣化が少ないのと、内容物の安定性に高いです。

 業界初の「生サプリ×ハードカプセル①×ハードカプセル②」の3タイプカプセル方式

バリテインは成分吸収力を高めようと考え、生サプリ(ソフトカプセル)を組み合わせており、成分吸収力を高めて、効率的に効果が出ることを狙っています。また3つのカプセルに115成分をそれぞれの効能を引き出せるようベストなバランスで配合しています。
ちなみに増大サプリの中で3タイプの組み合わせをしている商品は下記の通りです。
◎バリテイン・・・生サプリ(ソフトカプセル)×ハードカプセル×ハードカプセル
◆べファイン・・・ハードカプセル×ハードカプセル×錠剤◆リノゲイン・・・錠剤×錠剤×錠剤◆アトミックス・・・錠剤×錠剤×錠剤
生サプリ(ソフトカプセル)の原価はハードカプセル、錠剤と比べて高くなるが、そこまでしても、バリテインは成分吸収力を高めることにこだわり、生サプリ(ソフトカプセル)を組み合わせている。

 バリテインの開発コンセプト「NEA理論」

日本の最先端テクノロジーで、厳選した115種類の滋養成分を高濃縮のまま、効率的に海綿体に吸収させることを目指したとのことだ。
NANO(ナノ)×EFFICIENT(効率的)×ABSORPTIOM(吸収)
とにかく「バリテイン」は成分の吸収力をこだわっている。